日本ではなぜセカンドレイプが起きやすいのか?

 性犯罪被害者に対する二次的な被害の総称であり、第三者からの何気 ない発

 

言や励ましや気遣いが逆に精神的苦痛となって二次被害を起こし てしまうのです。  

 

 

 被害者は、こうした心理的ダメージによる苦しみを事件後も抱え続け てしまうの

 

です。

 

 

 

 ※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


被害女性をなお苦しめるセカンドレイプ…なぜ今なお起きるのか?

 レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が

 

被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セ

 

カンドレイプの被害もあとを絶たない状況なのです。

 

 

 

 

※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


セクハラに体罰となぜこれほど不祥事が続く?愛媛県松山市の聖カタリナ学園高校

 セクハラや体罰、さらに生徒に採点させるなど不祥事のオンパレー ドな

 

愛媛県松山市の聖カタリナ学園高校。  なぜこうにも続くのが傍から見れ

 

ば不思議も学校自体に何か抱えてい る闇がありそうです。

 

 

 

 

 ※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


不祥事のオンパレードが続く?愛媛県松山市の聖カタリナ学園高校

 セクハラや体罰、さらに生徒に採点させるなど不祥事のオンパレードな

 

愛媛県松山市の聖カタリナ学園高校。

 

 

 なぜこうにも続くのが傍から見れば不思議も学校自体に何か抱えている

 

闇がありそうです。

 

 

 

 

※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


女性はいつどこで狙われるかわからない!今や身近な犯罪となってしまった「盗撮」

 スマホや小型カメラの性能向上は利便性を向上させる一方で、盗撮な

 

ど身近な犯罪を殖やす原因ともなっています。今や女性はどこで狙われ

 

てしまうかわからないほど、年齢問わず盗撮という犯罪に手を染めてし

 

まう男性が増えています。

 

 

 

 

※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高齢者で増加するセルフネグレスト 孤独死の危険性が高まるだけに大きな問題

 生活意欲の低下に加えて、高齢者においては加齢からくる認知機能の低下 から日

 

常生活に関する最低限の身の回りのことさえもままならず、安全や健 康などが脅か

 

される状態になるセルフネグレスト。

 

 

 必要な食事をとらず医療を拒否し、不衛生な環境で生活を続け、家族や周 囲から

 

孤立し、そのまま孤独死に至るケースが増えているだけに大きな社会 問題です。

 

 

 

※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もはや万引きのレベルを超えている「爆盗」激増  アジア系など外国人が関与か?

 ドラッグストアやスーパーを狙い、組織的に大量の商品を万引する爆盗

 

が激増 しています。この爆盗は被害額が1万円を超える大量万引を指し、

 

防犯カメラの 映像や目撃情報などから、外国人が関与しているケースが

 

多いようです。

 

 

  訪日観光客が増える中で影の部分である爆盗の増加は、訪日外国人、

 

移民の対 応を難しくさせます。

 

 

 

※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日本に上陸してしまった強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」の恐ろしさとは?

p> スズメバチと同じくらい強力な毒を持つとされる南米原産の赤茶色の小型

 

のアリであるヒアリは体長は2.5mm〜6mmで、ネズミや爬虫類などの小さな

 

生き物なら、集団で食い殺してしまうほどの攻撃性を持っています。

 

 

  また人が刺されると、体質によっては呼吸困難などの急性アレルギー反応

 

が起きるなど危険視されています。

 

 

 

※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


冤罪で人生が狂わされている…再審決定の重さと責任

 刑事訴訟法435条は、無罪を言い渡すべき新たな証拠の発見などを

 

 再審の要件としています。再審が行われる背景には捜査当局が描く筋書

 

 きに沿って、自白を強要してでも起訴に持ち込むという強引なやり方が後

 

 を絶たないことがあります。

 

 

  裁判所が判断する難しさも痛感させれますが、無実の罪を着せられた人

 

への罪は重い。

 

 

 

※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


自らの首を絞めることにならないか?JASRAC、音楽教室からの著作権料徴収問題

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室などで楽曲を使用する際

 

にも 著作権料を徴収する方針を決めたことで、反発の声が強くなってい

 

ます。

 

 

  徴収すれば著作権切ればかりになってしまい、子供たちが流行りの曲と

 

 触れ得ない機会損失や、何より曲を知って改めてCDを購入する機会も奪う

 

 はずで、逆に損ばかりでは?

 

 

 

※詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
広告
メルマガ案内
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
広告2
ランキング
ランキングはこちらをクリック!
アクセスアップ.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM