その場の空気がやる気をなくさせる

 

 

 

 

 

 やる気のない素振りはすべてに人に対し反感や怒りを買ってし

 

まうもの。そしてそれが自分に返ってきて、さらにやる気をなく

 

すという悪循環。職場の空気を悪くさせてしまうわけですが、何か

 

ネガティブにさせる原因が本人ではなく職場にあるケースは少な

 

くありません。

 

 

 

 人間関係、上司など職場の人間関係で呆れられてしまうのが最も

 

最悪なパターン。陰でやる気無くす人も多いですし、果敢に突っ込

 

んでくる人もいる。それを見てさらに呆れるわけか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


正論でも負ける人

 人間関係にちょっとしたもめ事や言い争いはつきものですが、 その後の精神的にやられている姿を見るとどちらが敗北したか一 目瞭然。たとえそれが正論で多くの人が納得する意見を言ってい る人でも…  意見を突き通すほどの力がその人にはなかったんでしょうね。 正論もたわ言に聞こえていたりすることさえありますし。

正論でも負ける人

 

 

 

 

 

 

 人間関係にちょっとしたもめ事や言い争いはつきものですが、

 

その後の精神的にやられている姿を見るとどちらが敗北したか一

 

目瞭然。

 

 

たとえそれが正論で多くの人が納得する意見を言ってい る人で

 

も…

 

 

 意見を突き通すほどの力がその人にはなかったんでしょうね。

 

正論もたわ言に聞こえていたりすることさえありますし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


優先順位が分からない人

 

 

 

 

 

 

 「なぜ今それをする?」「どうして今それをしない」など優先 順位

 

をつけれない、または空気を読めない動きをする人とその場 にいるのは

 

辛いもの。

 

 

 そんな人は常に自分軸(マイペースとも)であり、仕事やお客 に対す

 

る影響度が図れないのでしょう。だから要らぬクレームも 受けることが

 

多いわけです。しかも本人は気づいていないと。

 

 

 また臨機応変できない不器用な人かもしれません。ひとつの仕事 や作

 

業を終わらせないと次に進めないタイプ。もしやADHDかもしれ ません。

 

 

そうなると状況が変わって周りの接し方も変えなければい けなくなります。

 

 いずれにしても、その人がどういった原因や背景があって優先順 位を

 

つけれないか知らないと合った対応もできないわけですが、ただ 単にやる

 

気がないだけなら別ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


言いたいことを言えない人は信頼なし

 

 

 

 

 言いたいことを言えない…大人になるほど多くなりますが、そ

 

れでも言わなければいけないときはあるもの。その判断が甘い人は

 

信頼も信用もされないですね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


嫌われたくないけどビジネスでは嫌われる人

 

 

 

 

 人間関係というのはその根底には好き嫌いがあるものですが、

 

ビジネスにおいては好き嫌いよりも利害関係が優先されるもの。

 

 

 逆に言えば好き嫌いで仕事における人間関係を構築しては失

 

敗しやすく、自分が損をする羽目になりやすいわけです。それは

 

仕事上で成り立つ関係であり、仕事上の付き合いがなくなれば

 

その関係性も意味をなくすわけです。

 

 

 考えて見れば当たり前のことですが、それを履き違えてお客に

 

嫌われたくないがために尽してしまい、精神的にきつくなって

 

しまう人がいましたが、一人だけ過剰過ぎるサービスは同僚にも

 

迷惑をかけるだけ。  結果的に嫌われてしまうという不幸な結果

 

は、これまでどうい った生き方をしてきたも垣間見えるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


言うことを聞かないと思っている時点でダメ

 

 

 

 

 

 部下や後輩に指示や注意をすることは仕事ですが、それをやって

 

くれなかったり、理解してくれなかったりすることは日々多いもの。

 

 

 それには言う側にも問題があることも少なくありません。例え

 

ば「言うことを聞かない」なんて愚痴る人は、そもそも指示と命

 

令を履き違えているわけで、相手が受け入れるわけもありません。

 

 

 

無意識に上から目線なのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


立場が人を育てる

 

 

 

 

 立場によって人は育つと言います。逆に言えばその人を育てたい

 

のなら責任ある立場に抜擢させることなわけです。

 

 

 非正規から正規、管理職に昇級させることで責任感を持たせる

 

ことができるからです。これは仕事だけではなく様々な場面で見る

 

ことができます。

 

 

 

 例えばスポーツでもサッカーでは10番の番号をつける、野球なら

 

4番に抜擢する。この立場では責任やプレッシャーの度合いが全く

 

違います。

 

 

 また父親、母親になると覚悟も違いますね。ただ覚悟や責任が

 

独身時と変らぬまま、ない人も…そしてそんな人に限って虐待や

 

DVをする人も多いわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


責任と覚悟の違い

 

 

 

 

 

 正規と非正規の人で見る大きな違いのひとつが責任と覚悟。

 

 

 同じ仕事をこなしなおかつ、責任感ある人であれば正規と 同等

 

の扱いをすべきと思います。

 

 

 またはそういった覚悟や責任感ある人は、正規に上げるべ きで

 

しょうね。きっと期待できる即戦力になはずです。

 

 

 というのも、正規社員の枠がなく仕方なく非正規で働いて いる

 

人がいる一方、正規社員での責任、人間関係の煩わしさ から逃げた

 

いので、派遣や契約社員を選択している人も少な くないからです。

 

 

  専門職になるほど多い傾向で、例えば薬剤師とか医者にも派 遣

 

を選択している人は少なくありません。それだけ人手不 足の業界だ

 

から選べ、高収入を得られる背景があります。

 

 

 そんな理由で非正規で働く人はすべてにおいて浅 くなるのは当然

 

のこと。

 

 

 問題は責任感ある仕事をする非正規の人たち。

 

 

 待遇格差で裁判したのはこの責任感ある人たちか? それとも同じ仕

 

事をしているだけで問題や責任から逃 げている人か?

 

 

 前者であってほしいですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最も不公平感を感じる中間層

 

 

 

契約社員の退職金も認めず 最高裁「格差、不合理と評価できず」

 

 

 同じように働いても立場の違いだけで格差や不公平を味わって

 

しまう。これが社会の実態なわけですが、一番とばっちりを受け

 

やすいのは下の階層にいる人たちではなく中間層の人たち。

 

 

 下の層は生活保護や各種手当などセーフティーネットの名をも

 

とに厚遇されやすい一方で、中間層は恩恵が少ないわけです。

 

 1億総中流だった日本ですが、格差が不平等感、不公平感を

 

を生み、中流は何も得しないという現実に気づいてしまった?

 

 

 引きこもり中年が増えていますが、その親たちは団塊世代で

 

あり、それこそ横並び意識が強く1億総中流だったひとたち。

 

 あれだけ家庭を犠牲にして頑張ったのに残ったのは…

 

 

   そして最も不公平感を感じる層でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
sponsored links
広告
メルマガ案内
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
広告2
ランキング
ランキングはこちらをクリック!
アクセスアップ.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM