<< メルマガ更新情報〜2月16日配信 | main | メルマガ更新情報〜2月17日配信 >>

殺到!社員の2割が希望退職応募

「PR」まずはリスクなしの無料お試しサービス実施中!
 今話題のネットショップ運営で気軽に週末起業を挑戦 しませんか?



 近鉄百貨店は17日、今月から実施していた希望退職者募集に

予定の400人程度の1.75倍に当たる708人が応募したため、2

月末までとしていた募集期間を短縮、募集を打ち切ったと発

表した。

 

 同社の正社員(出向中の社員を含む、2月1日現在)は3,520人

で、約2割が3月末で退職することになる。

 

 応募が相次いだため、同社は今月12日の取締役会で募集人

数を700人に拡大することを決めたが、15日の段階で予定に達

した。

 

 近鉄百は「固定費削減で事業の立て直しを図りたい。(大

量退職による)事業への影響はない」(広報担当者)と話し

ている。


 同社の希望退職者募集は、2001年の京都近鉄百貨店と合併

以降2回目。前回(09年2月)の募集は100人だった。10年

3月末時点で35歳以上59歳未満の正社員を対象に募集してい

た。

 

 事業の影響は、残された従業員に必ず心理的な影響を与え

るでしょう。

 
 募集人員を大幅に超える希望退職者が発生したということ

はそれだけ将来が不安であり、自社に魅力を感じないからで

それだけモチベーションの低下を招くだろう。

 

 百貨店業界自体を取り巻く環境も厳しく、構造的不況が吹

き荒れるなか、巨大化しても縮小しても出口が見えない状態

は、働いている人すべてに不安を与え、活気を奪い、それが

悪循環となって、業界全体に降り注ぐ。


 今まさに百貨店業界は負の連鎖にどっぷり浸かっているよ

うに見えます。

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.11.18 Saturday
  • -
  • 12:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
知人は四日市店に勤めており希望退職を申し込みました。面接した役員に「3月から今いる売場にいかなくていいから自分の出向先探せ」と言われたそうです。彼女はベテラン販売員で物を売るのが上手だし同僚とのコミュニケーションも良好でした。
四日市店は元中部近鉄百貨店で昨春大阪の近鉄百貨店に吸収合併されました。中部近鉄百貨店時代の売上は良好で合併しなければ希望退職募集も無かったとおもいます。
それでも数年前までは会社を育てようという社長や経営陣でしたが最近大阪近鉄から来た社長は利益を上げる事に夢中で以前よりも少しづつ雰囲気悪くなってきてました。
そして今回の合併以降はなりふり構わず今だけ利益を上げればよいになり今まで積み上げだ財産を食い潰してる感じです。当然社内の雰囲気は最悪になりました。合併しなければボーナスを減らされる事も無かったろうし希望退職も無かったはずです。
このままでは四日市店は閉鎖に追い込まれるかもしれません。
非常に勿体ない話です。順調にいっていた百貨店を合併して傾けさせてるようじゃ日本の経済良くなるわけありません。
  • はる
  • 2010/02/25 8:21 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
メルマガ
キュレーション
■私が運営するNEVERまとめ


※If you have not found the English version of the readers: you want, please contact the following mail.egawomisete3@gmaii.com
広告
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング
ランキングはこちらをクリック!
アクセスアップ.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM