<< メルマガ更新情報〜7月2日配信 | main | メルマガ更新情報(7月3日配信) >>

東国原知事を批判!たけしの兄「もう少し謙虚に」


  自民党から次期衆院選への立候補を要請され、国政転身に意欲を見せて
いる宮崎県の東国原英夫知事に対し、芸人時代の師匠であるビートたけし
(62)の兄で明治大学教授の北野大氏(67)が2日、テレビ番組で批判した。

 「何か勘違いしてませんか」と不快感をあらわにした。一方、東国原氏は「目
標は首相になること」と宣言、強気な姿勢を崩さなかった。


 北野氏はコメンテーターを務めるテレビ朝日「ワイド!スクランブル」に出演。
東国原氏が前日1日に「僕が行けば自民党は(選挙で)負けない。負けさせな
い」などと発言したことに関し、「弟のお弟子さんなんですが、言わせていただ
くと…」と前置きした上で、「何か勘違いしてません?日本人なんだからもう少
し謙虚になってもいいんじゃないか」と険しい表情で語った。



 東国原氏は自民党からの出馬要請に対し、「総裁候補」を条件として提示す
るなど、強気な発言を続けている。

 北野氏は「国民をバカにしてませんか。世の中、自信は大事だけど、言い方っ
てものがある」と憤りは収まらない様子。自民党に対しても「党もおかしい。
地道にマニフェストを作るとか、するべきなのに。人気がある人だからって。これ
では、まさに小手先だけでしょ」と斬り捨てた。


■   ■
 この一連の東国原知事の言動に憤りを感じるのは、ここだけの話ではない。

 知事から首相へとの青写真が野心に満ちたことで、日本国民としては引く思い
だ。
 確かに人気がある知事だが、まだ首相の器と認めているわけではない。


 まずそこが勘違いしているのと、日本の大衆心理を把握していないところが
今後脚を引っ張るだろう。


 この騒動で彼の政治生命も短命で終わるかもしれないとは、本人も気づいて
いないだろうし、なんでも人気があれば飛びつく自民党の崩壊も寸前だ。



「PR」 勝負強い騎手で稼ぐ万馬券の法則
   宝塚記念の連対騎手は結局勝負強い騎手。そのからくりは歴然としている。馬だ

   けではなく騎手にも注目しなければ勝てないことがわかる。  


スポンサーサイト

  • 2020.09.25 Friday
  • -
  • 09:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
広告
メルマガ案内
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
広告2
ランキング
ランキングはこちらをクリック!
アクセスアップ.NET
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM